小売分野

小売分野

食品小売業界においては消費不況、少子高齢化、所得格差などの影響による売上の低迷が続いています。そのため食品小売業各社は業績の維持・拡大に向けた利益向上の方法やコストダウンの方法を求めており、より一層のストアオートメーション化による店舗業務改善の需要が高まっています。

img1

量販店、スーパーマーケット、各種小売業、サービス業

btn_01 btn_01

title2

理想の店舗システムの構築、一歩先を行く業務改善

イシダ店舗統合システム

作業は「1+1+1=1」であり、得られる情報は「1+1+1=5,6,7...」でないと、収益をもたらす人時生産性や、現場での活きたデータ活用が行えると言えません。そのためには、業務(機器)連携による店舗MDサイクルの構築が重要です。「イシダ店舗統合システム」が核となり、販売計画・作業計画→発注→生産→陳列→販売→検証の店舗MDサイクルをやさしくサポートすることで効率的な店舗環境づくりと利益改善を実現します。

人時売上高の適正化支援

作業改善LSPシステム

2010年4月1日 改正労働基準法施行により1ヶ月60時間を超える時間外労働については、法定割増賃金率が、現行の25%から50%に引き上げられました。一方で過剰なオーバーストアの中、小売業の店舗サービスレベルの維持・向上と魅力ある売り場作りはより一層購買者から求められています。制度の高い「基準値」に基づく「作業割当表」の作成(ムダ・ムラ・ムリの排除)や適正労働時間管理によるコンプライアンス支援、作業割当表のデータベース化による成功事例導入支援を通じて人時売上高の適正化支援を実現します。

title2

背景

「低価格」戦略だけでは、消費者の心はつかめない上に利益も目減りする一方です。「食の安全性」の確保や、嗜好の多様化に対応した幅広い品揃え、そして何より利益確保が求められる今、賞味期限や産地表示の確認作業、商品の多様化で煩雑になった在庫管理など、現場スタッフの作業量が増すばかりです。

ソリューション

ストアコントローラーを中心にPOS、電子棚札、POP作成システム、自動計量包装植付機、計量プリンター、業務統合モバイル端末などをシステム連携する事で各情報をコントロール、多様な店舗業務を効率化します。また、情報の活性化とトータルオペレーションコスト(TOC)の引き下げも実現します。

導入後の結果

・POSと電子棚札の緊密な連携により価格違いと作業負荷を実現
・売れ筋商品を店舗の電子棚札に明確に表示することで、発注精度を大幅に向上
・量り売り商品の計量ラベルとPOPのリアルタイム連携を実現し価格違いを解消
・販売計画・検証システムで廃棄ロス・割引ロスを「見える化」しロスを改善

zu_01

otha

問題が解決できたお客様インタビュー

formbtn
  • 採用情報
    現在募集中
  • ニュース
イシダテクノブログ

more

お気軽にご相談ください
iso
名古屋認定優良エコ事業
topbtn
Copyright(c)ISHIDA TECNO Co.,LTD All Rights Reserved.